移転祝いに胡蝶蘭を手配する方法

移転のお祝いとして、胡蝶蘭を選択したいと考える人もいますが、まず準備するためには手配をするのが一般的です。手配方法には産地直送で準備できる方法があります。産地直送とは生産地から配達してくれることを指します。産地直送の特徴としては、鮮度がいい状態で受け取ることができます。基本的に胡蝶蘭も鮮魚と同様に鮮度があり、鮮度が低ければその分劣化スピードが速くなります。流石に他の手配方法においても移転のお祝いとしてプレゼントする前に胡蝶蘭が枯れてしまうというケースは少ないです。しかし、鮮度が悪いとプレゼントしてから短期間で枯れてしまうという可能性があります。産地直送で手配すれば鮮度の良いものを準備できる可能性があるので、受け取った方は長い間お店や会社に飾ることができます。

販売店の種類も今では一つではありません。例えば従来においてはお花屋さんで準備するのが一般的でしたが、今では通販サイトがあります。通販サイトは家に居ながら胡蝶蘭を手配することができるので、一定のメリットを感じる人も少なくありません。

もし移転のお祝いとして胡蝶蘭を準備したいと考えている方はどのような配送方法なのか、また、どのようなお店で購入をするのかを予め把握して選択するようにしましょう。